HOME

季節の写真 Yoshinori Sawada


 ESN(ENGLISH STUDY NETWORK)英語教育総合研究会は、次世代の英語教育ファシリテーター育成を支援するためのポータルサイトです。関東と関西を中心とした全国規模の研究会の実施や、教材や授業実践などの情報交換を通して全国の先生方のネットワークの構築を目的としています。このネットワークを通して、日本の英語教育の未来に新しい風を吹かせていきませんか。また、英語教育だけでなくIB(国際バカロレア)のコアカリキュラムであるTOK・CAS、JAPANESE Bや21世紀型スキルの情報なども発信して行きます。皆さまのご登録・ご利用を心よりお待ちしております。また、皆様からの研究会、研修会、教材などの情報の提供もお待ち申し上げております。 総合代表:久保 敦


news


new024_21

新国際高校(仮称)の設置について!!

東京都教育委員会は、平成28年2月に策定した「都立高校改革推進計画 新実施計画」に基づき、平成28年7月に「新国際高校(仮称)設置に係る検討委員会」を設置し、新国際高校(仮称)の基本構想について検討してきました。
 このたび、同検討委員会において、「新国際高校(仮称)設置に係る検討委員会報告書」を取りまとめましたので、お知らせします。
 また、同計画において未定としていた設置予定場所を決定しましたので、あわせてお知らせします。 続き・・・


「がまだすKUMATOMO」プロジェクト!!(拡散希望!!)

昨年の4月から全国の高校生が力を合わせた「がまだすKUMATOMO」PJが開始されています。北海道から沖縄の高校生がスカイプやSNSなどを活用しながらそれぞれの学校が企画する熊本支援のPJを実施しています。その中の1つである応援リレー動画がようやく完成致しました。この動画を一人でも多くにご覧頂き広告費を熊本支援への寄付金としたいとの高校生の企画です。是非とも拡散を希望しておりますので宜しくお願い申し上げます。

 


デンマーク首相もサポート。たった5年間で、国内の食料廃棄を25%も減少させた“怒れる一般人女性”

2050年。今から33年後には、世界人口は70億人から92億人まで増加すると言われている。(参照元:農林水産省)人口の増加に伴って、必然的に必要となってくるのが食料。33年間で現在より70%も増加させないと世界中の人のお腹を満たすことはできない。(参照元:Food and Agriculture Organization of the United Nations)しかし、世界中にはすでに飢饉で命を落としている人々が存在する。現段階では食料は足りているにも関わらずだ。 続き・・・


現教職員のための TOK 学習セミナー【第3弾】(大人気!!)

~課題発見・解決能力を養う授業事例と国内大学入試~

■主対象 ——————————————————————————————

国際バカロレア(IB),Theory of Knowledge(TOK)にご興味を持たれている教職員の方々

■告知原稿 —————————————————————————————-

2016年よりZ会にて開催しております TOK 学習セミナー第3弾を3/28(火)東京にて開催いたします。  続き・・・

案内と申込方法などを下記の Web ページに公開しました。
   http://www.zkai.co.jp/books/tokseminar/index.html
   ※参加お申し込みも受付を開始いたします。


ESN主催春期英語教育セミナー2017!! (残席わずかです。急いで!)

第5回目を迎えるESN主催春期英語教育セミナー。今回は、教育界の著名人(企業、大学、中高)をお招きして、英語教育の未来について本音を語って頂きます。英語教育の理想と現実、英語教育ビジネスの現状、企業・大学・中高がそれぞれ求める英語力とそのギャップ等、最新の英語教育の動向を各種業界人がパネルディスカッションを行います。セミナー後半は、中高の英語教師をお招きして、最新の英語教育の実践(英語4技能教育、アクティブラーニング、ICT活用等)についてご講演頂きます。

ープログラムI パネルディスカッション 50分ー

テーマ:“企業・大学・中高が本音で語る「英語教育の未来」”

 パネラー

  ・CUTTING Miki  立命館アジア太平洋大学 准教授  

  ・熊野 孝      桐朋女子中学校・高等学校 教頭・国際教育センター主任  

  ・太田 英基  株式会社スクールウィズ 代表取締役 

  ・中村 真紀  合同会社西友 執行役員シニア・バイス・プレジデント、株式会社若葉 代表取締役 

ープログラムII 授業実践発表 120分ー

  ・山脇学園中学高等学校 英語科 毛塚邦知

NEW TREASUREを活用した授業実践

  ・十文字中学高等学校 英語科 高瀬聡伸

発信型スキルを効果的に育成するコツ

・【話す力】オンライン英会話、業者選定と環境条件

・【書く力】英作文添削サービスの活用、事前事後の指導

・【伝える力】英語プレゼンの指導法(PREP法、Show& Tell)

 

▲日 時:3月28日(火)13:30~17:30

▲場 所:十文字中学高等学校 新館多目的ホール

▲定 員:100名

▲会 費:500円 ※現地徴収

▲備 考:18:00 懇親会、巣鴨駅近辺(3000円)当日、参加有無確認

▲申込開始時期 2017年2月14日(火)~3月26日(日)

◆セミナーチラシPDF ESN Seminar 2017
◆申込み専用フォーム http://es-network.org/?page_id=6626

◆お問い合わせ info@es-network.org  

◆SenseiPortal 外部告知ページ https://senseiportal.com/events/40326


どの大学を選べばいいのかわからない!!

海外に留学したい。将来、世界を相手に仕事がしたい。ユニークな大学で勉強がしたい。新しい環境に身を投じたい。でも、英語はそれほどできない。でも、何を学べばいいのかわからない。でも、どの大学を選べばいいのかわからない。高3で進路に悩む娘に、私は言った。「APUを見てきなさい」英語を学びたかったら、世界を相手に仕事がしたかったら、九州・別府の立命館アジア太平洋大学APUに飛び込もう。90カ国・地域から集まった仲間たちが、君を迎えてくれる。 続き・・・


Teacher’s Lab主催『アクティブラーナーを育てる授業とは?~新学期から使える!しかけと仕組みを考える~』

<定員30名><全5回連結プログラム> 『”授業”を”社会”につなげる「主体的・対話的で深い学び」~学び続ける力を身につける~プログラム』 第三弾・第四弾 『アクティブラーナーを育てる授業とは?~新学期から使える!しかけと仕組みを考える~』

http://souken.shingakunet.com/career_g/2016/10/2016_cg414_12.pdf
https://find-activelearning.com/set/584/con/851
開催日時: 2017年3月25日 10:00 〜 2017年3月25日 17:00
定員: 30名
場所: 東京都 


トップ層はもう東大を目指さない!? 採用高校が続々「国際バカロレア」とは!!

 世界の大学で入学資格として認められている「国際バカロレア」という教育プログラムが注目を集めている。

 国際バカロレアとは、スイスに本部を持つ「国際バカロレア機構」が提供する1968年開始の世界共通教育プログラムだ。玉川学園IBプログラムディレクターのユーリカー・ウィリアムさんは、国際バカロレアについて「世界的によく知られている教育プログラムで、ヨーロッパ・北アメリカ・オーストラリアなどのトップレベルの大学でその名が年々浸透してきている」と説明する。

 世界中で認められたこの国際バカロレアの学習方法は詰め込み式ではなく、“探求型“だという。「生徒自身が知識を発見し、学校側は“生徒を導く“というスタイル。彼らは冷静に物事を考え、自分なりに知識を形成する必要がある」とユーリカーさん。 続き・・・


小学生のネット利用90分超 16年度平日平均、高校生は3時間半!!

内閣府は1日までに、青少年のインターネット利用環境に関する2016年度の実態調査結果の速報を発表した。平日1日当たりの平均利用時間は、小学生で15年度より約8分延びて約1時間33分となった。高校生では15分近く増え約3時間27分だった。 続き・・・


グローバルに求められる資質 リーダーシップ、日本では不足!!

本書の著者である伊賀泰代氏はマッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社で10年以上コンサルタントの採用を担当していました。そのような経歴の人が書かれた本ですので、マッキンゼーへの就職や転職に関心のある大学生や若手ビジネスマンには非常に興味深い内容となっています。

続き・・・


英語「話す」力の採点は録音で 文科省、学力テストで方針!!

文部科学省は24日、2019年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト、学テ)から中学校3年生が新たに受ける英語の「話す」力の採点に、パソコンやタブレット端末を使う方針を示した。これまで教員が生徒と対面して採点する案を検討していたが、昨夏に中3を対象に実施した調査で、教員間で採点にばらつきが生じたため方針を転換した。 続き・・・


AIが翻訳してくれる時代に英語を学ぶ意義はあるか!!

2016年11月、Googleがニューラルネットワークを翻訳サービスに導入し、日英の翻訳精度が大幅に上昇したことが大きな話題となりました。重文、複文、倒置法などが駆使された複雑な英文でも、日本語で違和感なく読める程度に翻訳してくれる様は、まさに翻訳業は機械に取って代わられるという未来を連想させました。 続きは・・・


AIで仕事はなくならない ―― なぜか過剰被害妄想の日本の本当の危機!!

ヤフーのチーフストラテジーオフィサー(CSO)の安宅和人氏。イェール大学で脳神経科学の学位を取得し、データサイエンティスト協会の理事(兼 スキル委員長)を務める。

ーBUSINESS INSIDER JAPANー
「今の機械学習ベースの人工知能(AI)には、そもそもあまり語られていない『不都合な真実』があるんです」。そう話すのはヤフーのチーフストラテジーオフィサー(CSO)安宅和人氏。今、AIが語られる時に必ず出る文脈が「AIはどこまで人間の仕事を奪うのか」という点だが、安宅氏は 「AI vs 人間のように語ること自体、そもそも間違い。業務の何かが自動化されることは大量に起こるが、大半の人間の仕事がまるごと消えることは起きない。むしろ新しい仕事が色々増える可能性が高い」と話す。   続き・・・


資生堂、英語を公用語に 18年に本社部門で !!

資生堂は2018年10月をメドに本社部門の公用語を英語にする。グローバル化に伴う取り組みの一環で、社内文書や会議のやり取りを英語で行うことを検討する。20日、魚谷雅彦社長が明らかにした。15年に地域本社制にして日米欧中アジアなどの地域ごとの収益管理や商品開発を進める体制にした。本社機能を持つ日本は業務の支援の役割を求められており、一連の業務を英語で行うことで円滑な支援につなげる。日常会話などは日本語のままだが、会議での言語や資料は英語にすることを検討する。


~未来を創る若者たちへ~孫正義、山中伸弥、五神真、羽生善治の4氏による対談!!


Here are 250 Ivy League courses you can take online right now for free!!

The 8 Ivy League schools are among the most prestigious colleges in the world. They include Brown, Harvard, Cornell, Princeton, Dartmouth, Yale, and Columbia universities, and the University of Pennsylvania.      Read More・・・


募集開始:IB無料ワークショップ@サンモールインターナショナルスクールについて

このたび、国際バカロレア機構のウェブページにて2017年3月25日(土)から27日(月)にかけて行われるワークショップの募集が開始されましたのでお知らせします。

申込みURL:https://docs.google.com/…/1FAIpQLScWMVCijU58smsQW…/viewform…

本ワークショップに関する問合せは以下までお願いいたします(日本語可):ibpdjapan@gmail.go.jp   続き・・・


new024_36明徳義塾の松本輝彦先生のTOK授業動画!

★明徳義塾では、国際バカロレア(IB)TOK(Theory of Knowledge)「知の理論」に関する学習を、「エッセイ」指導の中で、独自に展開しています。


icon4newbluePODCAST お悩み相談ルーム(新作)!!

★株式会社コトバンク様の運営するPodcast番組、American Hot Topicsのサブコーナーとして、ESNのメンバーが司会を務める新しい番組「英語お悩み相談ルーム」を特設して頂きました。


 YouTubeやPodcastを活用した英語学習も授業にはエッセンスを与えます。また、生徒の自学自習にもお勧めです。

バイリンガールCHIKAさん!!


IU ConnectのYouTube動画も授業に役立ちます!!


HAPA英会話からの最新映像!!


ご協賛 頂いた企業の皆様には心より感謝申し上げます。 現場の教員が手を取り合い、All JAPANの精神で様々な課題を解決できるサイトにして行きたいと存じます。今後もご支援のほど宜しくお願い申し上げます。協賛企業の方への規約は、こちらへ


cropped-e6d032794c5d4593438b7d40427966363.png

写真


 

このエントリーをはてなブックマークに追加