答えを示さない「白熱教室」は欺瞞である!!

答えを示さない「白熱教室」は欺瞞である

意見の分かれる深刻な問題について、学生にさまざまな意見を述べさせ、最後に教授がエレガントにまとめあげる。そうした「白熱教室」スタイルの授業は現在も人気です。しかし英国の名門校に留学してきた現役官僚の橘宏樹氏は「『白熱教室』は『オレの答え』を示さない。一方、英国の名門校はそうした欺瞞を許さない」と指摘します。2つの違いを「パターナリズム」という言葉で分析します――。

 ※本稿は、橘宏樹『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の第3章「エリート再生産システムとしてのオックスフォード」の一部を再編集したものです。

■上下関係を前提に教師がどのように学生を導くか

 僕はこれまで、東京大学(学部及び大学院)とLSEとオックスフォードで高等教育を受けてきたわけなのですが、今、これら3校での体験を比較しつつ、ざっくりと「オックスフォードの教育とは何か」についてつらつら考えています。最近、その1つは、言うなれば「ネオ・パターナリズム」ということなのではないか、そしてこれは大学教育論一般を考える上でも大事な視点なのではないか、と思うに至りましたので、これについて書こうと思います。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事