世界共通教育プログラム「国際バカロレア」を仙台二華高に導入 21年度スタート 東北公立校では初!!

世界共通教育プログラム「国際バカロレア」を仙台二華高に導入 21年度スタート 東北公立校では初

 宮城県教委が、グローバルな人材を育成する世界共通の教育プログラム「国際バカロレア」(IB)を県立中高一貫校の仙台二華高(仙台市若林区)に導入する方針を固めたことが24日、分かった。2021年度のスタートを目指し、18年度一般会計当初予算案に関連費約2350万円を盛り込む。東北の公立校では初の試みとなる。

 導入を目指すのは、16~19歳を対象とした「ディプロマ・プログラム」(DP)で、2年生が対象のコース(定員25人)を同校に新設する予定。生徒は原則、英語で指導を受け、調査研究や討論などを通じ、主体的に知識を活用する能力を身に付けさせる。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事