【40年前の教科書がすごい】小学生が美術をする意味をズバリ解説!!

【40年前の教科書がすごい】小学生が美術をする意味をズバリ解説

小学校や中学校の頃、絵を描くことや美術の授業が苦手だったという人は意外と多いのではないでしょうか。1980年に使われていた国語の教科書が「人が芸術活動をする意味を分かりやすく説明している」、と話題になっています。

小学生に向けた本気のメッセージ

この文を書いたのは、彫刻家の佐藤忠良氏、「おおきなかぶ」の差し絵を書いたこともある日本を代表する彫刻家です。ひらがなで書かれた文は簡単な言い回しですが、「じょうずにつくることではありません」という部分は、とても心に響きます。

そして、自然の美しさやどんな人になるか気付くことが大切…なんてところまで話を広げて説明しています。でも、とても分かりやすい。分かりやすいのに深いです。 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事