廃校危機だった女子校を倍率10倍の「人気校」に変えた驚きの改革!!

廃校危機だった女子校を倍率10倍の「人気校」に変えた驚きの改革

 本校は、中等部の新入生が5人しかいない時期もあるなど、経営が思わしくありませんでした。そんなとき、80歳を超える卒業生から言われた言葉が、いまも忘れられません。

 「卒業後、子育て、戦争、舅の介護と日々の生活に追われ、初めて同窓会に出られたときは涙が出た。戦争で家が焼け、親兄弟もすでにこの世にいない。私の故郷はここしかない。どうか母校を守ってほしい」

 ――このままでは卒業生の母校がなくなってしまう。

 その危機感が、私の原点になりました。

 学校は、卒業生にとっての故郷です。卒業生の母校を守りたい。その一心で学校改革を始めた結果、7年後には志願者がのべ1800人近くになりました。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事