土曜授業や夏休み短縮は、学力向上につながるのか?

土曜授業や夏休み短縮は、学力向上につながるのか?

学力低下対策に夏休み短縮?

今週、気になるニュースを見かけた。朝日新聞(本年1月15日)は、「学力下位返上へ夏休み5日減 東松島市、授業30時間増」というタイトルで報じている。

全国学力テストで小中学校の多くの科目が全国平均を下回っている宮城県で、特に下位にある東松島市が今年から、小中学校の夏休みを短縮して授業時間を増やす。

・・・中略・・・

市議会でも対策を取るよう求められていた。教員の指導力向上などの取り組みを講じてきたが、十分な成果がみられないとして、夏休みの短縮に踏み切ることにしたという。

また、同じく学力向上に問題意識の強い伊賀市では、ここ3年実施していて土曜授業を来年度からやめ、代わりに夏休みを短縮する方針だと言う。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事