学問論とは何か – 京大・宮野公樹准教授にその理念と実践を聞く!!

学問論とは何か – 京大・宮野公樹准教授にその理念と実践を聞く

 

「全79分野の研究者をひとつの部屋に集めて、この部屋に学問があるって言いたいんです」。そう話すのは、京都大学学際融合教育研究推進センター・宮野公樹准教授だ。宮野准教授は、異分野交流会学際研究着想コンテスト京大100人論文など、学際融合を目指した数々の取り組みを形にしてきた立役者であり、日々「学問論」について考えを巡らせる学者でもある。今回「学問論」の観点から、宮野准教授の研究内容や学術界の課題、2018年2月に開催するイベント「学問の世界〜the academic world〜」について、詳しくお話を伺った。

——まずはじめに、宮野先生が学問論に関わるようになったきっかけを教えてください。

35歳くらいまでは、ナノテクノロジーに関する研究をしていました。しかしその後、総長学事補佐(松本前京都大学総長時代)と、文部科学省でのナノテクノロジー政策に関する仕事を通じ、特定の科学技術の研究が大事であることは理解しつつも、科学政策や科学そのものに関心が移り、最終的に「学問とはなんだろう」という問いに行きついたというわけです。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事