小学校外国語専科指導教員を千人加配 大臣折衝で合意

会見する林芳正文科相
会見する林芳正文科相

林芳正文科相は12月18日、文科省で記者会見し、2018年度の同省予算に関する麻生太郎財務大臣との大臣折衝について、合意した内容を報告した。

来年度の同省予算における重点的な措置として、▽小学校外国語教育の専科指導教員を確保するための、教職員加配定数の改善▽幼児教育無償化への段階的な取り組み――などを求めたと説明。

加配定数の改善については、「小学校外国語教育の早期化と教科化に伴う、質の高い英語教育に必要な専科指導教員の確保に向け、義務教育費国庫負担金で2018年度に必要な加配定数の改善を要求し、千人の改善を実現した」と、合意したことを報告。 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事