社会人の学び直し容易に 中教審部会が論点整理

 大学や大学院などの制度改革を議論している中央教育審議会の作業部会は6日、論点整理を大筋でまとめた。社会人になってから新しい技術や知識を学び直す「リカレント教育」を受けやすくするための改善案や、大学に学生の学修成果の情報公開を促すことなどを盛り込んだ。

 リカレント教育は政府の「人づくり革命」の柱の一つ。論点整理では社会人向けの教育プログラムを修了すると履修証明書を得られる現行制度に関し、120時間以上としている総授業時間数の引き下げを提案。学び直しがしやすいよう、別の時期に複数の大学で取得した単位を合算して学位を得られるような制度創設の検討も求めた。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事