女子大は生き残れるか 津田塾、都心から逆襲 津田塾大学の高橋裕子学長

東京郊外にある津田塾大学の小平キャンパス

 私立女子大学の最高峰、津田塾大学(東京都小平市)。東京の郊外にあり、まじめな女子学生が黙々と勉強する大学というイメージだが、2017年4月に渋谷区千駄ヶ谷に総合政策学部を開設、都心に学部生のキャンパスを設けた。少子化や受験生の女子大離れで、女子大は1998年の98校をピークに16年には77校に減少。共学に転じたり、不要論も飛び出すなか、名門女子大はどう生き残りをはかるのか。

■東京駅から20分の都心キャンパス

 津田塾の小平キャンパス。落ち着いた風情の女子学生がキャンパスの中をさっそうと歩く。グループで群れる姿はほとんどなく、ファッションも決して派手ではない。

 キャンパスの周辺には畑も広がり、まさに武蔵野の森の様相だ。JR東京駅からだと、中央線を経由して1時間かかる。それが千駄ヶ谷までだと、20分程度だ。近年、私立大学では学生を確保するため、郊外から都心回帰の流れが鮮明になっている。明治大学や法政大学は既存の都心キャンパスの高層化を推し進め、青山学院大学も本拠地の青山キャンパス(渋谷区)に文系学部を集約。郊外の多摩キャンパス(八王子市)に移転した中央大学は、看板の法学部を都心に戻す。現在、理工学部がある文京区の後楽園キャンパス内に移転するのだ。

続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事