ベトナム企業「沖縄にIT大学」検討 業界最大手FPT、人材育成へ

従業員数2万8千人を数えるベトナムのIT最大手・FPTコーポレーションが、沖縄県内にIT人材を育成する4年制大学の設置を検討していることが15日、分かった。FPTは7月に国内初のシステム開発拠点として「FPT沖縄R&D」を那覇市内に開設し、業容を拡大する方針を示しており、現在注目を集める人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)などを担う高度な人材の育成を加速させる。

 FPTのチュオン・ザー・ビン会長が本紙へのインタビューで明らかにした。

 FPTは2006年からベトナム国内で大学を4カ所で運営している。約2万人の学生が学んでおり、大学運営のノウハウを持つ。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事