東大よりオックスフォード 挑む都立国際19人の新鋭 都立国際高校の荻野勉校長に聞く

東京都目黒区の駒場にある都立国際高校

 英語力では公立高校ナンバーワンとも評される都立国際高校(東京・目黒)。2015年に全国の公立高で初の国際バカレロア(IB)ディプロマ・プログラム校の認定を受けて、いよいよ海外トップ大学の入学資格取得に初挑戦する。都市圏ではインターナショナルスクールに通う生徒は増えているが、課題は高い授業料。公立高から海外の有力大への道が開かれ、グローバル人材育成の先駆けとなるのか。駒場にある国際高を訪ねた。

■IBコースの生徒19人が海外大に初挑戦

 「ハーロー。日焼けしたね」。東京大学の駒場キャンパスから徒歩10分のところにある国際高。訪れた8月末はまだ夏休み中だったが、文化祭の準備もあり、多くの生徒が学校に集まっていた。茶パツや紫色に髪を染めた生徒のほか、黒人や黒い無地の布を頭にかぶったマレーシア出身の女子生徒もおり、明るい雰囲気。英語で冗談を言い合い、まさにダイバーシティー(多様性)に富んだ学校だ。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事