日本の高等教育機関が「硬直化」する理由

前回の記事で、東京大学を世界39位としたTimes Higher Educationの世界大学ランキング(2017年)に触れたところ、フェイスブックに以下のようなコメントをいただいた。

"東大が世界39位と言っても、理系分野ではさほどランクは下がっておらず、理系科目はトップ10内を維持、さらに物理と化学はいまだにトップ5にいます”

調べてみると、Nature誌の研究に特化したランキング「Institutional Ranking 2016」では東大は世界で6位であり、各国の研究所を除くと、大学ではハーバード、スタンフォードに次ぐ世界3位。MIT、オックスフォード、ケンブリッジ、バークレーよりも上位に位置していた。京都大学も19位にランクイン。

別の世界ランキング「QS World University Rankings by Subject 2012」では、東大のシビル・エンジニアリング(都市計画などの社会基盤学)が2位にランクインしている。理系分野においては確かに非常に評価が高いようである。 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事