「未来の先生展2017」求められる教員像を解説 国際バカロレア教育絡め

6_後藤教育ジャーナリスト&アクティビスト 後藤健夫氏

――日ごろの活動について。

大学や教育支援産業のコンサルタントをしながら、専門誌などの企画、編集、執筆をしたり、シンポジウムを企画したりしている。これまで、大学の入学選抜を設計したり、早稲田大学法科大学院の設立に参画したり、国際バカロレアの記事を業界誌に執筆するなどの実績がある。昨年、ピアソン・ジャパンから『セオリー・オブ・ナレッジ 世界が認めた「知の理論」』を企画、編集、出版した。最近は、教育改革と国際バカロレアを絡めたような講演が増えている。

続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事