人手不足深刻なコンビニ、留学生を「青田買い」

 人手不足が深刻化するコンビニエンスストア大手が働き手の確保に躍起になっている。

 店での働き手として、外国人や子育て中の主婦を採用することに力を入れている。

 ローソンは海外からの留学生を取り込むため、ベトナムと韓国で昨年から、日本に留学予定の学生向けの研修を行っている。現地の派遣会社と組み、事前にレジ打ちや接客を指導しており、来日後に店での働き手になってもらおうと、「青田買い」に努める。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事