NTT、イーオン、東大が次世代の英会話語学教育を目指した共同実験を実施 一部にVRも活用



NTT、イーオン、東京大学は、来年3月まで、イーオンの協力を得て開発したNTTの日本人英語音声認識技術、東京大学とNTTによる新たな音声・言語メディア処理技術の共同研究の成果、イーオンの英語語学教育に関するノウハウ・リソースなどを組み合わせることによる、次世代の英会話語学教育を目指した共同実験を行うと発表した。

 
昨今、英語の学習の重要性が増しており「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能を習得する必要性が高まっている。中でも「話す」学習は、現状の英語学習で最も必要でありながら学習量が不足しており、ICTの高度化による学習効果向上が望まれている分野だ。しかし、ネイティブスピーカーとは異なる日本人が話す、いわゆる「日本人英語」特有の発音は、音声認識技術などにおいて非常に高度な技術が求められる。 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事