23区の大学、定員規制へ…東京集中の是正狙う

 政府は東京23区内にある大学の定員増を原則として認めない新たな法規制を設ける方向で検討に入った。

  •  

 若者の東京への一極集中を是正し、地方の活性化を図る狙いがある。6月に閣議決定する予定の「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)に盛り込み、来年の通常国会にも関連法案を提出したい考えだ。新法の制定を視野に入れている。

 定員規制では、学部を新設する場合でも全体の定員を増やさないよう、既存の学部を改廃するよう義務付けることを検討している。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部の「地方大学振興に関する有識者会議」(座長・坂根正弘コマツ相談役)が11日にまとめる中間報告に明記される。 続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事