【4/24発刊】「知の理論」をひもとく― Unpacking TOK ―

来週の月曜日にいよいよ出版されます。私は昨年の日本IB教育学会より、企画に携わらせて頂きました。国際バカロレアのコア科目「知の理論(Theory of Knowledge:TOK)」は、これまで訳本はあったものの、日本の文脈にあわせたテクストがありませんでした。

・なぜいま日本でTOKが必要なのか
・そもそもTOKの問い立ての考え方とはどのようなものか
・どのようなTOK用語だとわかりやすいか
・どんな教材がTOKに適しているのか(検定教科書等との相性も含めて)
・一般の学校で実施可能な適切な演習プロセスとはどのようなものか

このような問題を、大学の研究者・中高の教員・TOK修了者の間で徹底的に話し合いながら作りました。IB校に限らず、一般の学校でのクリティカルシンキングのトレーニングや、探究型学習の一つの教材としてお使いいただければ幸いです。日英両対応のバイリンガルテクストです。私もさっそく高1の現代文の授業で使いますが、みなさんの学校でもぜひ「TOK流の問いづくり」をお楽しみください!
-----------------------------------------------------------------
本書に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。
(一般の書店ではお買い求めになれません)
「伊藤印刷株式会社」
http://www.ztv.ne.jp/ito-pto/
Tell:059-226-2545
Fax :059-223-2862
Mail:ito-pto@ztv.ne.jp
※申込書はこの記事に添えたものをお使いください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事