英語に親しむ活動を小3から、正式教科小5から 新指導要領案

 文部科学省は14日、約10年ぶりに改訂する小中学校の新学習指導要領案を公表した。英語に親しむ活動の開始を小学3年に早め、小5から英語を正式教科とする。学習内容は減らさず、現行指導要領の「脱・ゆとり」路線を継承。授業の改善で「対話的で深い学び」を実現し、思考力や主体性を伸ばす。小学校は2020年度、中学校は21年度から実施する。  続きは・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事