ESN 英語教育総合研究会セミナー

広島大会

申し込み用紙: ESNセミナーチラシ広島0911 

2020 年度の大学入試から導入される、4 技能を測る新しい英語テストの動向が注目されています。また、グローバル人材 の育成、ICT 教育、アクティブラーニングの必要性が叫ばれていますが、果たして英語教育はどの方向に向かっていくので しょうか? 今回のセミナーでは、学校英語教育のトップランナーである立命館宇治中学・高等学校の先生を迎え、具体的にかつ実践 的に取り組んでいる一例を紹介いただきます。皆様方の学校にとってお役に立つヒントが多くあると確信します。 英語教育の多くの関係者にお集まりいただき多くの意見交換が出来る機会にしたいと存じます。


「GDFC で活性化する Speaking 授業、ICTと英語教育、 アクティブラーニングと新しい大学入試に向けて」

立命館宇治中学・高等学校:MICHAEL PRYDE 先生 姜 英徹先生 講演

広島会場:12 月 5 日(土)【開場】13:30 セミナー 14:00 ~ 17:00

YMCA 国際文化センター 本館 404 (無料、軽食あり) 懇親会 17:00 ~ 18:30

立命館宇治中学・高等学校は、2003 年度より 2 期にわたり SELHi 実践校に指定され、2009 年に国際バカロレア資格の正式認定 を受けました。そして、2014 年度にはスーパーグローバルハイスクール(SGH)に認定され、グローバル人材育成に向けての 実践とそれに関わる研究に取り組んでいます。一方、2014 年度より高校に生徒一人一台のタブレット PC が導入され、ICT を積 極的に取り入れた英語教育の実践にも力を注いでいます。 本セミナーでは、立命館宇治中学・高等学校の英語教育の目標、語彙や文法の習得、多読・多聴の取組、それらに関わるタブレッ トを利用した ICT 教育、アクティブラーニングやホームステイに向けての学習内容まで、様々な幅広い内容の実践について報告 していただきます。


 

※ セミナーの後半に、Wi-Fi 環境での e ラーニング体験、YouTube や PowerPoint による教材作成などを体験していただきます。 Windows7 以上の PC をご用意ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事