3月29日(日)に実施されて「NFLJ」のミニ予選練習を見学した報告をいたします。このディベートコンテストのレベルの高さと将来性を実感して参りました。全国の英語科の先生方は一度このコンテストを見学していただきたいと強く思いました。内容、流れ、評価方法が世界標準で実施されるためかなり高度な力が要求されると思いました。

今回は、東京の私学の数校が招待され、同じテーマで別のチームと4回戦実施されます。毎回、審査委員からそれぞれのチームへのコメントが与えられ、賛成、反対チームの勝負が発表されます。

勝ち負けの結果より、生徒が毎回審査員のコメントを参考にしながら戦いの作戦を変えたり、工夫をする様子がよく分かりました。1戦1戦後には、生徒から「疲れた!」っと言う言葉と共に満足感に溢れた表情が印象的でした。

人間が持つすべての能力をフルに使い、脳を活性化していることが明確に分かりました。日本で実施している英語ディベート大会とは少し異なりますが、方法が変わり、訓練を積んでいけばかなりのレベルまで成長できると思いました。

コンテストの詳細な内容は、http://nflj.orgをご覧ください。また、NFLJプレ大会、予選ラウンド、メインイベントなどの情報も掲載されています。

6月14日(日)NFLJプレ大会 @立命館アジア太平洋大学

7月26日(日)スピーチ・ディべートの予選ラウンド @品川女子学院

7月27日(月)ディベートの予選トーナメント・メインイベント @六本木アカデミーヒルズ

NFLJパンフ1

5年後には、この大会が全国的に実施され、大きな大会の1つになっているイメージが浮かんで来ました。この予選大会には、中国、韓国チームも参加する予定です。その優勝者が、アメリカの本大会に出場する権利を獲得できます。

本当に素晴らしい大会になると思いました。

IMG_0004

IMG_0009

IMG_0059

IMG_0046

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事