第12回大会「デジタル教材勉強会」のご案内
開催日時 2015年3月14日13:30〜17:30
定員 150名
会費 0円
懇親会の定員 50名
懇親会の会費 男性4000女性3500円
場所 大阪府中央区和泉町 内田洋行大阪ユビキタス広場
主催 英語デジタル教材勉強会、大阪私学教育情報化研究会

この勉強会も4年目を迎えました。みなさんで気軽にICT活用について勉強しましょうをスローガンにスタートして前回も約200名というたくさんのご参加をいただきました。(途中で締切りました)
第12回大会もデジタルICTの授業事例をご紹介します。またタブレットを活用した英語の授業実践事例もご紹介します。参加者の皆さん同士での質問会も中で実施したいと考えています。仙台や東京など他地域でも実施されていますので、どうぞよろしくお願いいたします。(先着150名程度に限定)
※英語教育で特集記事、6月の教育エキスポ今年も大盛況、今回もWebニュースでも案内

日時 : 第12回大会 3月14日(土) 午後1時30分~午後5時30分(予定) 
場所 : 内田洋行大阪内「大阪ユビキタス協創広場 CANVAS」大阪市中央区和泉町2-2-2 
地下鉄谷町線・中央線「谷町4丁目駅」8番出口より徒歩8分  06-6920-2401
内容 : デジタルツールを使った授業方法についての情報交換・英語授業力の向上
対象 : (英語)情報教育、ICT教育に興味・関心をもつ教育関係者ならどなたでも構いません
主催・共催 : 英語デジタル教材勉強会、大阪私学教育情報化研究会
協力 : 大阪府高等学校情報教育研究会、大阪府高等学校英語教育研究会、D-project
後援 : チームキムタツ、桐原書店、東京書籍、ビッツパズル、三省堂、ヒラタ・アンド・アソシエイツ、内田洋行、大修館書店、ベネッセコーポレーション、公益財団法人日本英語検定協会、アルク、ケンブリッジ大学出版局、Ditt(デジタル教科書教材協議会)、ワオ・コーポレーション、カシオ計算機、開隆堂、タオ、ECC国際外語専門学校、朝日新聞国際本部、文英堂、啓林館、EF International Language Centers、エプソン、リアル・イングリッシュ・ブロードバンド株  ※ご後援いただける研究会、企業さんはご連絡下さい。  
第12回内容(予定)
1.「となりの学校はデジタル教科書で何してる?」羽衣学園高校 米田謙三先生進行
  デジタル教科書実践事例 京都市立歓修中(東京書籍英語)羽衣学園高(桐原書店英語)他 
2.「高校デジタル教科書」「ICT機器」デモ  上記発表以外の会社のデモ・展示
啓林館、増進堂、三省堂、桐原書店、東京書籍、第一学習社、数研出版、文英堂、Z会
カシオ,エプソン,開隆堂, ラーンズ, リアルイングリッシュ,ラインズ,ベネッセ(予定・順不同)
3. ICT活用の事例紹介  仙台城南高校(タブレット導入2年目を終えて)他
4.質疑応答と デジタル教材ネタと恒例のアプリなどの共有  羽衣学園高校 米田謙三先生
     CNNプロジェクト 他   

 (過去の講演者 順不同、敬称略)近大学附高 中西洋介、金蘭会中 宿口信子、鳳高 溝畑保之、豊中市第十三中 東條さおり、近大附中 古川祐大、兵庫県姫路西高 小笠原良浩、八尾翠翔高 上田聖司、仙台城南高校、羽衣学園高 米田謙三,コルベカトリックカレッジ(AUS) 萩原伸郎

     ♪勉強会のあとは、懇談会(意見交換会)別途参加費必要 も予定しています♪
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事