教員免許、過去失効分も復活 「ペーパー先生」教壇へ 学び直しが課題!!

 教員免許の有効期限を10年と定める「免許更新制」を廃止する法律が成立した。  過去に取得しながら更新されずに失効した免許も7月から復活する。教員経験のない「ペーパーティーチャー」が教壇に立ちやすくなり、末松信介文部科学相は13日の閣議後記者会見で「周知・広報をしっかり行っていきたい」とアピール。教員不足対策として期待されるが、取得から長期間たつ人も多く、教科の知識や指導法の学び直しがカギとなる。  

 免許更新制は10年ごとに30時間の講習を受けなければ失効する。2009年度に導入したが、受講が現場教員の負担となっていたため今年7月に撤廃。全ての免許は無期限有効になり、必須講習の代わりに自主的に研修を受ける仕組みに変わる。  教員免許は、09年度以前に取得した旧免許と同年度以降の新免許がある。教職に就いていない人は旧免許保有者で推定数百万人、新免許保有者で同数十万人いる。現行制度で期限切れ免許を復活させるには30時間の講習が必要だが、7月以降、旧免許は自動的に復活。新免許も申請すれば講習なしで再取得できる。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事