TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を導入した理由!!

慶應義塾の一貫教育の中で唯一の男子中学校である慶應義塾普通部(神奈川県横浜市)。長い間英検®を英語指導に取り入れてきた同校が、英語を母国語としない外国人の英語力を測定する試験として全世界で用いられているTOEFL®の中高生版TOEFL Primary®/TOEFL Junior®への転換に踏み切りました。このたび、英語科の跡部智先生に、同校が目指す英語教育、英検®からTOEFL®へと移行した狙いについて聞きました。

お互いが学び合う「半学半教」の気風

–まず、御校の教育の特徴、育てたい人材像についてお聞かせください。

 私どもの学校は、ご承知のように慶應義塾大学までの一貫教育を行っていますので、在学中に受験がありません。高校入試や大学入試といった受験のための学習から離れて、どの科目も基礎をまんべんなく身に付けること、そして学問の本質を探究するというところで、将来、実際に役に立つ合理的な思考ができる人間を育成することを目指しています。英語に関してもそういった観点で、ただ入試問題の点が取れればいいということではなく、四技能を総合的に学んでいこうという方針です。

 慶應義塾にはお互いに切磋琢磨する「半学半教」という考え方があります。半分学んで半分教えるという言葉の通り、お互いに教わったり教えたりという学習共同体のようなクラスコミュニティを構築しています。先生からの学びだけではなく、生徒同士でお互いに学び合えるような教育を実践しています。

–英語科目における半学半教とはどのようなイメージなのでしょうか。

 私の授業での一例を紹介しますと、テキストの巻末にある英文を暗唱して検定をするという取組みがあります。英語が得意な子、頑張って早々にマスターした子にはメンターの資格を与えます。まだ検定に合格していない子は、そのメンターの子のところに暗唱を発表しに行き、メンターは先生の代わりに時間を計りながら暗唱を聞いてあげて、合格だったら記録カードにスタンプを押してあげるのです。

 人に頼んだり友達に聞いたりというのは放っておかれるとしづらいものですが、こうして生徒同士でお互いを補完し合えるような工夫を取り入れることで、教え合うことが当たり前になります。わからないことを人に聞くことは悪いことではない、自分だけがわかっていればいいのではなく、人に教えることは自分のためにもなるのだという学びの姿勢やメンタリティまで到達するのが理想だと思っています。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事