一貫教育で前期中等教育課程を担う…慶應義塾普通部の英語教育(リシード)!!

 英語試験として国内で広く知られているのが、高校や大学の入学試験や単位認定としても取り入れられ、幅広い年齢層が受験する実用英語技能検定(英検)だ。一方で、英語を母国語としない外国人の英語力を測定する試験として、全世界で用いられているのがTOEFL®である。長いあいだ英検を英語指導に取り入れてきた学校が、グローバル化の気運にともないTOEFL Primary® / TOEFL Junior®への転換に踏み切るケースも増えている。

 慶應義塾の一貫教育で前期中等教育課程を担う男子中学校である慶應義塾普通部もそのひとつだ。慶應義塾普通部英語科 跡部智先生に、同校が目指す英語教育、英検からTOEFL®へと移行した狙いについて聞いた。

お互いが学び合う「半学半教」の気風

—— まず、御校の教育の特徴、育てたい人材像についてお聞かせください。

 私どもの学校は、ご承知のように慶應義塾大学までの一貫教育を行っていますので、在学中に受験がありません。高校入試や大学入試といった受験のための学習から離れて、どの科目も基礎をまんべんなく身に付けること、そして学問の本質を探究するというところで、将来、実際に役に立つ合理的な思考ができる人間を育成することを目指しています。

英語に関してもそういった観点で、ただ入試問題の点が取れればいいということではなく、四技能を総合的に学んでいこうという方針です。

 慶應義塾にはお互いに切磋琢磨する「半学半教」という考え方があります。半分学んで半分教えるという言葉の通り、お互いに教わったり教えたりという学習共同体のようなクラスコミュニティを構築しています。先生からの学びだけではなく、生徒同士でお互いに学び合えるような教育を実践しています

慶應義塾普通部英語科 跡部智先生

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事