仙台二華高にバカロレア学習棟 「知の理論」活発に議論!!

グローバルな人材を育成する世界共通の教育プログラム「国際バカロレア」に取り組む仙台二華高(仙台市若林区)にプログラム用の学習棟が完成し、9日に披露式があった。
 プログラムは2021年度に導入され、議論しながら考えを深める「知の理論」といった特徴的な学習を行う。2、3年生が対象で、22年度は計13人が学ぶ。学習棟は3階建て、延べ床面積約880平方メートル。机を円形に並べ、移動式ホワイトボードを多用するなど議論しやすい教室になっている。
 式には約40人が参加。1期生の3年伊藤麻子さん(17)と埜上照さん(17)が「新校舎で学べるのが楽しみ。多くの支援を自覚し、後輩への責任を胸に全力を尽くす」と述べた。2期生の2年朴沢康介さん(16)は「コミュニケーションスキルを学び、国際社会に貢献したい」と話した。
 式後に知の理論の授業が公開され、芸術の定義について生徒たちが活発に議論した。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事