大空小の初代校長・木村泰子、予測不能な社会生きる子どもに必要な「4つの力」学力や他者評価で測る限り「本当の幸せ」はない!!

いい学校へ行けばいい人生が送れると考える親は古い

2006年に大阪市立大空小学校の初代校長となった木村泰子氏は、就任直後から、子どもたちが生きる未来の社会はどんなものになるかを考えてきた。その社会ではどんな力があれば幸せに生き抜くことができるのか、その実現のためにどんな教育が求められるのか。新設されたばかりの小学校の教育理念を定めるため、この逆算の思考は欠かせないプロセスだった。共に働く教員たちとの話し合いの中で挙がったのが、「多様性・共生・想定外」というキーワードだ。以来、木村氏はこの3つを念頭に子どもたちと向き合ってきた。

月日は流れ、22年4月。当時からはさらに想像もできないほど、世界はこれらのキーワードが実感される状況を迎えている。

「私はつねに、10年後、20年後、子どもたちが生きていく社会は予測できないものになると言ってきました。コロナ禍、そして現在進行形のウクライナでの戦争。これらが示しているのはまさに、いつ何があるかわからないということなのです」

予測できないことが起きたとき、自分で考えてクリアする力をつけることが重要だと語る木村氏。どんな社会になるかを予想して対処法を教えるだけの教育は「戦後のニーズに基づく古い考え」だという。

「いい学校に行っていい会社に入ればいい人生が送れるというのは、予測可能な範囲で正解を教える教育の発想です。想定外の未来ではこうしたセオリーは通用しません。最近は受験の低年齢化や過熱化も取り沙汰されていますが、これは今の保護者の中にはまだ、過去の教育を受けてきた古い世代が多くいるからです。私はあと3年から5年で、そのような価値観の保護者が激減すると思いますし、すでにその過渡期にあると考えています。こうしたことに気づいている保護者もすでに大勢いると感じています」

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事