「大学入試を廃止」今こそ本気で考えるべき理由!!

売上が伸びるからと、本社の部署を水ぶくれで増やしていくのは、昭和35年以降の高度成長期に始まった習慣。大学卒業生が大勢、企業に殺到するようになった。それが日本の資本主義だというのは勘違いです。

基礎研究をビジネスと切り離せ

いっぽう、研究は教育と違います。アカデミアに財界人が口を出し、「あの研究は儲かるかどうかわからんね」なんて言ってはいけません。5年後ならいざ知らず、50年後、100年後に役立つ研究は、当面、ビジネスとは無関係です。でも、知の世界では、非常に本質的なことが多い。

アカデミアは、公共財を作るための投資です。「儲かる」話ではありません。公共財を作るための研究の、受益者は将来世代です。将来世代は、まだ存在していませんから、コストを負担してくれない。基礎研究とはそういうものです。

たとえば、エジソンは電球を発明したけれど、彼が経営していた研究所は、採算割れで破産しました。エジソンの死後、世界中が電球を使っていますが、エジソンに報酬を払う方法はありません。同じように、報酬を払えないけど人類が大変な恩恵を受けている研究は、山のようにあります。

ですから、アカデミアは、非常に重要な活動として、税金の一部を使って、きちんと市場経済の外側で維持しておかなければいけない。目先の利害を考えずに、研究にしっかり集中する人生を歩んでもらいましょう、と。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事