元文科省のキャリア官僚と考える、小難しくない教育改革のお話⑨!!

【アメリカの公立小学校の学校説明会に参加して】

 子どもたちの関係で、アメリカの公立小学校の学校説明会(オンライン)に参加する機会がありました。これがまた全然日本と違う!なんだか如実に日米の学校「文化」の違いが出ていたような気がするので、以下にまとめてみました(これが一般的なアメリカの学校の様子なのか、私たちの学校が特殊なのかは分かりませんので、その点はあしからず)。

① 説明30分、質疑応答60分
 日本の場合、説明が大半で、質疑応答の時間はほとんどないのが普通ではないかと思います(「何かありますか?…無いようですので、それではこれで終了いたします。何かありましたらお手元の質問用紙に…」みたいな感じ)。
 しかし、アメリカの場合は真逆で、質疑応答がメインで説明はオマケみたいな感じでした。そして、保護者からの質問が出る出る!それも事務的な質問だけではなく、教育論(「子どもたちが読書に興味を持つようになるための戦略は?」「幼児期(Kinder)における宿題の方針は?」とか)から、LGBTへの対応、研究者との連携、教師の退職防止に向けたサポートまで、ものすごく幅広い質問が出ていました。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事