TOEFL®で現状を把握し授業改善「実践英語力」を育む松蔭中高・京都教育大附属小中対談(リシード)!!

教育関係者向け情報サイト『リシード』に、松蔭中学校高等学校(兵庫県)・京都教育大学附属京都小中学校(京都府)で英語教科を担当している先生方の対談記事が掲載されました。

 グローバル化が加速する中、国内外のさまざまな場所で他者と対話し、課題を解決していく人材を育成することが求められている。国の第3期教育振興基本計画では、グローバル人材の育成を目標のひとつに掲げ、外国語教育の強化を推進。その一環として、新学習指導要領では、小・中・高を通じた外国語教育のさらなる改善・充実を図り、小学校では中学年から外国語活動が開始、高学年では英語が教科化。中学校では英語の4技能5領域の言語活動を通してコミュニケーションを図る資質・能力を育成するとされた。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事