NASAが”電気飛行機”を開発中――小型機の運用コストを最大40%にまで削減可能と試算!!

NASA(アメリカ航空宇宙局)が「電気自動車」ならぬ「電気飛行機」の開発を進めている。

NASAは2016年6月17日、電気飛行機にXナンバーを付けて呼称すると発表。テスト予定の電気飛行機を「X-57」(ニックネーム:Maxwell)という名前にしたことを明らかにした。

X-57は電動モーターで駆動するプロペラ14基を搭載。電力を使って飛ぶことで、燃料消費を減らせるほか、排気や騒音といった面でもクリーンな飛行が可能になるという。

アメリカではもともと、最新鋭の実験機にXナンバーを付けて呼んできた。「X-1」は1947年に、初めて音速を超えて飛行。それ以来、技術の粋を集めたXナンバーの実験機が登場してきた。X-57はその系譜を受け継ぐことになる。ニックネームの「Maxwell」は、19世紀に活躍した理論物理学者のジェームズ・クラーク・マクスウェルにあやかったものだ。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事