ユナイテッド航空、世界で初めて非石油由来の持続可能な航空燃料を100%使用して旅客便を運航!!

ユナイテッド航空は、2021年12月1日、石油以外を原料とする航空燃料(Sustainable Aviation Fuel:SAF)のみを使った初フライトに成功したと発表した。同社によると、SAFを100%使って旅客を乗せた民間航空機が飛行するのは航空史上初めてで、2021年12月1日(米国中部時間)に100人超を乗せたボーイング737 MAX 8旅客機はシカゴのシカゴ・オヘア国際空港を離陸し、ワシントンD.C.のロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港に着陸した。

現行の規制ではフライトに際してのSAF使用上限が50%となっているため、片方のエンジンに500ガロン(約1900リットル)のSAFを、もう一方のエンジンに従来のジェット燃料を500ガロン搭載してフライトに臨んだ。搭載されたSAFは従来のジェット燃料とも混ぜて使えるドロップイン燃料で、既存の航空機と互換性がある。ユナイテッド航空は、今回のデモンストレーション飛行が従来の航空燃料とSAFとの間には運用上の差がないことを実証し、将来的に全ての航空会社がSAFの使用を今後増大させるきっかけになるとしている。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事