「昭和型組織」だと、もう危機は乗り越えられない理由!!

トップの役割は、コミュニケーションがメイン

篠田真貴子(以下、篠田):井筒さんはリーダーシップをどう考えていらっしゃいますか。

井筒俊司氏(以下、井筒):10年近く前に、米空軍の教育課程を受講する機会がありました。少将や中将を対象の、1週間ほどの教育課程です。1990年の湾岸戦争のとき、多国籍軍が編成されましたよね。米空軍の中将クラスの指揮官の下で、空軍の戦闘機だけでなく海軍の戦闘機やNATO(北大西洋条約機構)の多国籍部隊の戦闘機が集結する状況に対応する能力を身に付けることが目的でしたが、大きなショックを受けました。というのは、指揮官に求められる能力がコミュニケーションとコーディネーションだったんです。日本人的な感覚で、おいおい指揮官がデシジョン(決定)をしなくてどうする?と思いました。

 でも、よく考えてみれば、海軍は空軍の言うことなんて聞かないし、他国の軍もしかり。そこでまずしなくてはいけないのは、トップが自らコーディネートすることであり、そのためにはコミュニケーションが欠かせなかった。あの状況に身を置いて、それがストンと腹に落ちました。

篠田:そういうご経験があったのですか。

井筒:はい。それで、航空幕僚長となった今、私の仕事は、陸上、海上および統合幕僚監部と調整をする、大臣や次官に説明をする、よその国の空軍参謀長と話をする……要は話すこと聞くことなんです。もちろん私の名前で命令を下すことは多々ありますが、実際は部長級がそれまでに詰めてくれるからオートマチックに動く。トップの役割は、決心して命令することではなく、いやもちろんそれもあるけれど、その手前のコミュニケーションとコーディネーションこそ大切なのではないか、と思うんですよ。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事