対面授業再開、キャンパスに来るけど教室に来ない学生たち どうすべきか悩む教員!!

■「対面」は76人中4人

まず、写真を見ていただきたい。これは対面授業再開から約2カ月後の12月7日の筆者の授業の様子である。この授業には76人が受講登録しているが、この日教室へやって来た学生は4人だけ。一方、教室で筆者が話している様子はZoomで同時中継されており、オンライン空間では40人近い学生が授業に「出席」している。この日は全15回実施する授業の11回目だったが、それまで教室へやって来る学生が10人を超えたことは一度もない。一方、オンライン授業の出席者は毎回少なくとも30人前後、多いと50人近くに達する。

感染拡大で大学が原則として全授業をオンラインで実施していた当時、学生や保護者からは「なぜ、小学校、中学校、高校は感染対策を取りながら対面授業を続けているのに、大学だけはオンライン授業なのか」との不満、批判、苦情が相次いでいた。学費減免を求める声も出ていたし、孤独などに起因する精神的不調を訴える学生も少なくなかった。

そこで大学は2021年4月以降、まずはゼミなどの小集団授業に限って対面授業を認める方針を打ち出し、デルタ株による第5波がヤマを越えた10月になって、受講者が数十人から数百人の大規模授業についても対面授業再開へとかじを切ったのであった。

ところが、対面授業を再開しても、キャンパス内ではガラガラの教室が目立つ。学生が一人もいない教室で、教師がぽつんと一人、パソコン上の大勢の学生に向かって講義している光景は今や全く珍しくない。

大学は対面授業を再開するにあたり、次の4条件に該当する学生に対してのみ、オンラインでの授業出席を認めた。①学生本人に既往症や基礎疾患がある場合、②学生と同居する家族等への感染の懸念から通学が困難な場合、③海外から入国できない学生、④その他、新型コロナに関連して学生個人の責任に帰さないやむを得ない理由がある場合――である。ただし、大学は学生やその家族の基礎疾患を証明する診断書の提出を求めてはおらず、学生の自主的判断に委ねている。

写真の筆者の授業は、英語でジャーナリズム論を講義している科目であり、氏名等から判断する限り、受講生の6割以上に当たる50人前後が外国人学生である。だから筆者は当初、日本政府による入国制限で来日できない外国人学生が先述した③の条件に該当するために、やむなく海外の実家からオンラインで授業に出席しているのだと思い込んでいた。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事