都心のインターナショナルスクール開校で私立学校とコラボが増加へ!!

都心にインターナショナルスクールが移転、開校する動きの手法として、不動産の再開発プロジェクトに移転、開校するケースがあります。

従来、再開発が多く見受けられましたが、少子化が進む中で私立学校とインターナショナルスクールがひとつのキャンパスに共存する仕組みが普及しています。

インターナショナルスクールの多くは、保育・幼稚部のプリスクールを複数経営し、内部進学する生徒が進級に合わせて、小学部、中学部、高等部と開校していきます。

インターナショナルスクール側は、中長期計画に沿って、校舎の確保が必要になります。
都心部の私立中高は、少子化で空いたスペースをインターナショナルスクールをパートナーとして選ぶことができます。

インターナショナルスクールが入ることで、学校行事、イベント、インターナショナルスクールのカリキュラムの乗り入れなど生徒に選択肢を提供することができます。

学校の活性化にも寄与します。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事