「AI翻訳あれば英語学習不要」が的外れなワケ!!

上智大学が教える「真の語学力と教養」とは?

コロナ禍でオンラインの学びが世界を広げた

――コロナ禍で海外との往来も制限され、国内でグローバル化が感じにくくなったとの声があります。

上智大学
言語教育研究センター
教授/センター長
藤田 保氏

藤田 日本人の海外への関心が薄れ、“内向き傾向”にあるというのは、コロナ前から言われてきました。コロナで海外との往来も途切れ、さらにその傾向に拍車がかかってしまった印象です。

一方で、この期間にオンラインでの学びが一般化しました。それによって国内にいながら海外の講座を受けられたり、異なる国にいながら意見交換ができたりなど、外とつながりやすい環境が出来上がってきましたね。

その意味ではグローバルな事象に関心を持つ人とそうでない人の間に大きな乖離が生まれ、二極化が進んだと言えるでしょう。

ETS Japan合同会社 
カントリーマネージャー
根本 斉氏

根本 確かにコロナ前から日本人の内向き傾向はありましたが、世界に目を向けると学生の流動性は高まっています。海外で学ぶと母国でのキャリアアップや社会貢献につながることが周知されて、アジアの学生を中心に、海外で学ぶことが一般化しています。

海外での学びがさらに広がる中で必要なのは、やはり共通言語である英語です。私たちETSはテスト会場受験型のTOEFL®テストに加えて、昨年から自宅でも受験できる「TOEFL iBT® Home Edition」の提供を開始しました。コロナ禍でも英語学習への意識は落ちていないと感じています。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事