最優等で卒業も就活難、地下鉄駅で自分を売り込み ロンドン!!

東ロンドン出身のヘイダー・マリクさん(24)は、大学の金融・財務学科を最優等の成績「ファースト」で卒業した。しかしその成績をもってしても、金融業界での就職活動に苦労し、多くのオンライン面接で不採用となった。

オンライン面接ばかりでは自分らしさが伝えきれないと、就職活動に行き詰っていたマリクさんは、立て看板を作って金融街のキャナリー・ウォーフ駅前に立ち、未来の雇用主たちに自分を売り込み始めた。

そのわずか数時間後、マリクさんは不動産会社キャナリー・ウォーフ・グループの面接に招かれ、3日後には同社の内定を得た。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事