多くの方のご参加ありがとうございました!!【年末緊急会議】〜 理想が高くて実施困難?! 〜新学習指導要領を英語科で実現するコツ~

【申込サイト】

https://cotobank-seminar08.peatix.com/?fbclid=IwAR0_deq7ImiMAuzVylVSW3G7dyT1bnHCs_HgZ94zcauIl35XLm1q6Hsmn5M

予測困難なこれからの時代。
子どもたちには自ら課題を見つけ、行動し、よりよい社会や人生を切り拓いていく「生きる力」が求められます。

そんな中で2022年度から、高校で新学習指導要領が本格的に開始。
資質・能力を3つの柱に整理しバランス良く育成することが目標とされ、学校現場にアクティブ・ラーニング視点からの授業改善、指導と評価の一体化を目指したカリキュラム・マネジメントなど、新たな学びを与えられることが期待されています。

しかし実際は、「パフォーマンス評価の大切さは理解できるけど、カリキュラム消化に間に合わなくなる」「どうやって取り組めばいいのか分からない」「教員間での連携が難しい」などと困っている先生方も多いのではないでしょうか。

そこで今回のセミナーでは

  • 学習指導要領に則した授業づくりとは?
  • 指導と評価のバランスとは?
  • 教師に必要なマインドや学校体制とは?

など、新学習指導要領についてに理解を深める場を設けました。

【このような先生方におすすめ】

  • 新学習指導要領への理解を深めたい
  • 新学習指導要領に沿った授業づくりを学びたい
  • 指導と評価のバランスを知りたい

【日時】
2021年12月18日(土) 16:30〜18:00(開場16:20)

【開催】
オンライン(Zoom)

【参加費】
無料

【タイムスケジュール(予定)】

16:30-16:35 ご挨拶・登壇者の紹介

◆第1部

16:35-16:50 現役教員による本音トーク

  • カリキュラム消化できない問題
  • 実際に実現できるかできないかは別問題
  • 新しいことを試みる先生は叩かれやすい問題

◆第2部

16:50-17:20 信田先生のご講演

  • 「新学習指導要領の全面実施に向けた授業づくりについて」

17:20-17:40 トークセッション

  • 「新学習指導要領を英語科で実現するコツとは?」

17:40-17:50 質疑応答

17:50-18:00 アンケートのご案内

【登壇者】

信田 清志先生(岬町立岬中学校 学校長)​​
大阪府内の私立高等学校1年、大阪府の公立中学校11年の勤務を経て、2008年度より2020年度まで13年間、都道府県教育委員会指導主事(主査級指導主事)。2021年度より域内でも最も若手の学校長として公立中学校に着任。

高瀬 聡伸先生(山脇学園中学校・高等学校 国際教育部主任 英語科)
都内私立勤務歴19年目。 国際教育、ICT教育が専門。ESN英語教育研究会 総合副代表 事務局長。Z会NEW TREASURE編集委員。教育開発出版English Discover(思考力問題)監修。

【共催】
株式会社アルク
ESN英語教育総合研究会
コトバンク株式会社

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事