【免許更新制廃止】「来年度から更新講習は不要」 文科相表明!!

教員免許更新制を発展的に解消し事実上廃止するスケジュールについて、末松信介文科相は11月19日の閣議後会見で、「新たな仕組みに早期に移行する必要がある。次期通常国会で法改正が認められた場合、時間を置かずに速やかに施行する方向で進めるよう事務方に指示した」と述べ、来年度中に関連する改正法を施行する考えを表明した。さらに「来年度、法律が施行されて以降に免許の有効期限を迎える教員は、免許状更新講習の受講や免許更新の手続きの必要がなくなる」と述べ、実質的に来年度から免許更新講習が不要になることを明らかにした。

 末松文科相は、新たな教師の学びの姿を巡り、中教審の「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会から11月15日に手渡された審議まとめについて、①教員免許更新制の発展的解消②研修について、主体性を有しない教師に対する対応などを明らかにする国の指針(ガイドライン)の改正③公立学校教員の任命権者に対する研修受講履歴の記録管理や、受講の奨励の義務付け--と3つの内容に整理。

 この提言を受けた対応について、「私としては、審議まとめを踏まえた新たな仕組みに早期に移行する必要があると考えた。このため、事務方に対して、教員免許更新制の発展的解消と国の指針の改正について、次期通常国会で法改正を認められた場合、時間を置かずに速やかに施行する方向で検討・調整を進めるように指示した」と説明した。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事