国内におけるIB教育の普及促進を「第6回 国際バカロレア推進シンポジウム」開催!!

わが国の将来を担うグローバル人材を育成する―。文部科学省は国際バカロレア機構の協力の下、全世界共通の大学入学資格につながる教育プログラム「国際バカロレア(以下IB)」の国内における導入促進に向けて、「第6回 国際バカロレア推進シンポジウム~国際バカロレア教育で、学校・地域・社会が変わる~」を8月28日・29日(土・日)にオンラインで開催した。IB教育への関心の高まりから、教育関係者や学生、保護者など千名を超える参加申込みがあり、ライブ感あふれるトークセッションとなった。

グローバル人材の育成をめざして

来年度にはIB認定校等を200校に
 IBは、国際社会において必要とされる素養や能力を育成することに重点を置いた教育プログラムで、3歳から12歳までを対象としたPYP、11歳から16歳までが対象のMYP、16~19歳向けのDPの3つのプログラムが柱となっている。
 これまで世界150以上の国・地域の5500校以上で導入されており、文部科学省でも18年に「文部科学省IB教育推進コンソーシアム」を立ち上げ、国内におけるIB教育の認知度向上や導入・運営に対する支援に取り組んでいるところだ。
 開催に先立ち、文部科学省の小林万里子大臣官房国際課長は「IBの特徴的なカリキュラムや手法は、国内における初等中等教育の好事例の形成やグローバル人材の育成に資するもの。IBを導入することで学習者自身や学校が変わり、さらには地域社会への好ましい波及効果を生み出すと考えている」と述べ、来年度までに認定校等(現在167校)を200校以上にする目標を挙げた。
 基調講演では、国際バカロレア機構DLDPプロジェクトコーディネーターを務める前田紘平氏が登壇。グローバルリーダーに必要な資質は「変わる環境に対応する力」とした上で、「日本は戦後の大きな変化には対応してきたが、地球温暖化や多様性といった日々の変化は緩やかだが、長期間続く変化に対しては対応力が足りない」と指摘。IB教育によって常に学び続ける姿勢を培うことが有効なのではないかと提起した。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事