CNNのニュースで世界の多様性に触れて<br>ワクワク感を持った学びを!!

関西学院千里国際中等部・高等部 進路情報センター長米田 謙三氏

英語の教員免許を持ちながら、高校では社会科・総合探究科の科目を担当。経済産業省の「未来の教室」のワーキングメンバーでもあり、教育現場でICT教育の最前線にいる米田謙三氏に、大学入学共通テストの英語の出題傾向の変化に伴い、 学生のうちから多様な英語に慣れる必要性について昨今の事例を語ってもらった。

大学入学共通テストへの移行で英語の入試はどう変わったか 

—— CNNを使った新しい検定試験が誕生しましたが、教育現場では今どのような動きがあるのでしょうか。

入試の観点から言えば、まず最初に2021年から大学入学共通テストがはじまり、テスト内容が大きく変わりました。リスニングにおいては、従来の20%という配点比率が、今回は50%に引き上げられた大学も見受けられ、リスニング力を重視する傾向が高まっていることがうかがえます。

もう一点は、世の中の流れから多様な英語への適応力が求められるようになったことです。これまでの英語学習や入試では、アメリカ英語、イギリス英語に限られていましたが、それ以外の様々な地域、国の人が話す英語を聞き取る力が必要になってきました。

CNNのニュースの一番のポイントは、ニュースソースが新しいことと、様々な国のアンカーが様々なニュースを伝えるということです。この2つは他の検定試験がまねをしにくいポイントだと思っています。CNNを使った検定試験が新たに誕生したことで、多様な英語への適応力を測るきっかけになるのではないでしょうか。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事