なぜ教員を辞めてマイクロソフトに? ~教育業界を変えるために選んだキャリア~

政府による「GIGAスクール構想」大号令のもと、急速に ICT 化が進む学校現場。ただでさえ忙しいといわれる教員が対応に追われています。そういった学校現場の状況を反映するかのように、ある投稿が SNS 上でちょっとした話題となりました。その裏には『ICTで先生を世界一「面白い仕事」に!』という途方もない目標を立てて、学校の ICT 化にまい進する一人の元教員がいました。

学校の教員の方々の働き方を改善する ICT の使い方をまとめた「働き方を劇的に変える ICT の小技 10」が SNS などで話題となりました。教員の働き方に焦点をあてた同冊子の内容以外にも、小冊子の企画・制作者で元教員の栗原太郎さんのキャリアにも注目があつまりました。日本マイクロソフトに所属しながらも「先生は世の中で最も面白い仕事」と語る栗原さんの、キャリアと教育にかける想いをうかがいました。

教員から マイクロソフトへ転職そのわけは?

――教員から日本マイクロソフトという珍しい経歴をお持ちですが、教員時代の話を聞かせてもらえますか?栗原太郎氏

栗原太郎さん:大学卒業後、高校の社会科教諭を経て日本マイクロソフト株式会社に入社。現在Microsoft 365を中心としたスペシャリストとして学校のICT化推進に従事。

私は 2020 年 3 月まで高校の社会の教員をしていました。専門は倫理の古代ギリシア哲学なので、クラウドはおろか電気で流れるものとは無縁な世界にいました。 そのころは学習指導要領が変わるタイミングで、いわゆる探究型の学びを実現するための授業改革が始まりました。まさに教員の方々が受けたことのない教育を生み出すということで、実現のためにはいかに対話の空間と時間を増やしていくかが鍵になりました。真っ先に考えたことは、働き方を改革して物理的な時間を確保することでした。ICT を活用したコミュニケーションの円滑化と校務の自動化をはかり、紙や口頭で行われていた情報のやりとりや、電話で行われていた保護者との欠席連絡などを手作りのアプリでできるようにしました。いままでのアナログ作業がデジタル化され一瞬で終わり、一日の中で授業開発に使える時間が確実に増えました。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事