大学入試でプログラミング出題 25年共通テストで導入へ!!

大学入試センターは24日、2025年1月に実施する大学入学共通テストの教科・科目の再編案を公表した。プログラミングや、データサイエンスに必要な統計処理、情報リテラシーの知識などを試す「情報」を導入し、国語や数学などと並ぶ基礎教科とする。IT(情報技術)人材の裾野拡大につなげる狙いがある。

情報の導入を巡っては、パソコンを使って出題・解答する「CBT方式」を採用するかも焦点だった。センターは24日に公表した報告書で、「全国的に均質で質の高い受験環境の確保や社会全体の理解などについて細やかな検討が必要」と指摘し、機材の確保の困難さなどから25年の導入は見送るべきだとした。情報の実施形式は他教科と同様、マークシート式となる見通し。

共通テストの再編は22年度から適用される高校の新学習指導要領に対応したものだ。新指導要領で法や政治、経済に関わる幅広いテーマを扱う新科目「公共」が新設されることから、再編案も地理歴史と公民の2教科内に公共を組み込んだ。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事