35人学級、中学校でも実現目指す 萩生田 光一 文科相インタビュー(動画あり)!!

なぜ!世界的な標準クラスサイズの25名にしないのか?

教職の魅力高めて人材確保へ

 ―小学校の35人学級を制度化するため、義務標準法を改正する考えを示しました。来年度から5年かけて実施する計画です。財源をどう確保するのか、現在の加配定数に影響は出ないか、そして優秀な教師をいかに確保するかを教えてください。
 「現在、自治体独自の少人数学級を実施するために、小学3~6年までの35人学級に活用されている加配定数3千人程度を段階的に財源として振り替えていきます。それ以外の加配定数については、5年間における児童・生徒数の減少などに伴う教職員定数の減を考慮し、毎年度の予算編成過程で検討することにしていますが、必要な加配定数は引き続き確保していきます」
 「教師の確保については、学校の働き方改革を進めて教職の魅力向上を図り、教職志願者を増やしたいと考えています。また民間企業経験者など外部人材の積極的な活用を教育委員会に促しています。教師の数と質の両立のため、中央教育審議会では免許更新制や研修制度の包括的な検証に取り組んでいます。教職課程を取っている学生は多くいますが、学校は大変な職場だというイメージが染みついてしまっています。働き方改革、ICTの活用、35人学級など、環境をトータルで変えて、教職の魅力を改めて高めたいと考えています」

 ―中学校の少人数体制について、その必要性や学級規模についてはどのように考えていますか。
 「中学校でも少人数学級の必要性は変わりません。小学校の35人学級を中学校にも続けていきたいというのが現段階の思いです。何人がふさわしいのかということを言うのは難しいのですが、1クラスの人数が少ない方が手厚い対応はできます。少人数学級の効果に対するエビデンス(科学的根拠)を求める声がありましたが、少人数学級や少人数指導の加配定数を活用している自治体で、この加配定数を返した例はありません。現場では肌感覚で効果を実感しているはずです」

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事