「話す、聞く」を重視し過ぎる英語習得の落とし穴!!

英語は「話せないけど読める」という人の大誤解

英語話者向けのニュースで、キャスターやリポーターは英字新聞に近いレベルの英語を1分間に約150~200語のスピードで話しています。新聞記事を1分間に70~100語しか読めないとすれば、ついていけなくて当然なのです。

逆に言うと、読むレベルが分速150語以上になってくれば、かなりリスニングも楽になるでしょうし、分速200語で標準レベルの英文が読める人がまったく聞き取れないということは、そうそうないと思います。

偏りを強みへ

このように書くと、「要するに、受験勉強で必死に英語を読む訓練をしても、全然身についていないということではないか。力がそんなにないうちから、レベルに合っていない英文を解剖するように読む訓練をするから、そういう遅い読みになってしまうのだ。やはり、バランスの悪い学習法なのだ」という感想を持つ人もいるかもしれません。

確かに、受験勉強では学習者の英語力を大幅に超えるレベルの英文を、丹念に時間をかけて読む訓練をするのが普通です。やや偏りがあるということは否定できません。ただし、この偏りは、見方を変えれば強みでもあるというのが私の考え方です。『英語の読み方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

なぜなら、英語圏での長期滞在などによって、環境の中で自然と英語を身につけ、シンプルな英語でのやりとりには特に困らないという人がよく行き詰まるポイントが、実は大学入試問題に出題されるような英文読解だからです。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事