青森西と浪岡、大湊とむつ工統合 27年度県立高再編案!!

 青森県教育委員会は7日、2023年度から5年間で進める県立高校再編の第2期実施計画案を公表した。27年度に青森西高と浪岡高、大湊高とむつ工業高をそれぞれ統合する。学級減は県全体で15~19学級となる見込み。入学者が減少する一部の高校では、全国からの生徒募集も導入する。今後、各地区での懇談会などを経て、10月に計画を決定する。

 今回の計画案は18年度から10年をかけて行われている再編計画のうち、後期5年が対象。県内の中学卒業者は22年度の1万168人から5年間で約1千人減ると見込まれている。生徒の減少に対応し、教育環境の充実を図る狙いがある。

 計画案では、青森西高と浪岡高の統合高は1学年6学級とし、校舎は青森西高を使う。浪岡高の入学者数がここ数年定員の4~5割にとどまる点や、通学事情などを考慮したという。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事