日本の入国できず、留学を夢見る外国人学生からは「悲痛な叫び」が!

日本の入国できず、留学を夢見る外国人学生からは「悲痛な叫び」が

カイ日本語スクール(東京都新宿区)の山本弘子校長ら日本語学校の有志と留学事業者go!go!Nihonのダビデロッシ氏が4月上旬、日本に留学を予定している海外の学生らにメールでアンケートを行い「心境」を尋ねたところ、2週間で500件を超える「悲痛な叫び」のような声が集まった。アンケートの回答は、中国のほか米国、欧州が多く、夢見ていた日本留学を予定通りに実現できず落胆する声が大半だった。

新型コロナウイルスの感染が再拡大する気配を見せる中、4月に入っても政府は外国人留学生の新規受け入れに踏み切ろうとしない。政府としては7月からの東京五輪・パラリンピックの開催に向けての準備とコロナ対策に大わらわだ。留学生の受け入れまで頭が回らないというのが現実のようだ。

しかし、留学を予定していた外国人学生はそうした日本側の事情を多少は理解しながらも、いら立ちを隠せないようだ。外国への留学はそれぞれの人生においては大きなチャレンジでもあり、決意をしながら実現できないことへの落胆も大きいとみられる。欧州など海外ではコロナ禍の中でも留学生を受け入れている国もある。それに比べると日本は‥‥というわけだ。以下、ネットを通じて寄せられた声の一部を紹介する。

カナダ高校生19歳:悲しいことですが、私は日本での将来の計画を諦めるつもりです。他の多くの国は、すべての措置を尊重するならば私を受け入れる準備ができています。日本はこれだけ対策を講じているのに、まだ外国人を受け入れようとしません。だから、もしまた遅れるようであれば、私は他の国を選ぶでしょう。

オランダ大学生29歳:私の人生は1年以上も止まったままです。これまでに2回、仕事を失っている。短期間の仕事を見つけるのは簡単ではありません。アパートを借りることも買うこともできないので、両親と一緒に暮らしています。私の忍耐と理解は限界に達しています。私は検疫から予防接種まで何でもするつもりですが、日本は今の時点で何かを与え始めなければならず、明確な日付が望まれます。今のところ、私はまた新しい仕事を探さなければならないでしょう…日本への入国はすぐにはできないのですから。本当に悲しくて、悔しくてたまりません。

フランス大学生20歳:”交換留学 “がキャンセルされてしまうと、私の夢は潰えてしまいます。経済的にも精神的にも、人生で最高の5ヶ月間を過ごすはずなのに、精神的には最悪の状態です)これ以上遅らせることはできません。今までの苦労が報われず、日本への留学もできなくなってしまいます。もし、4月末までに行けなかったら、大学はすべてをキャンセルし、私はCOE(編者注:在留資格認定証明書)を返さなければなりません。

ドイツ大学生23歳:私は交換年を別の時期に延期することはできません。また、私は2022年に学位を取得するので、後から再申請することもできません。もし日本に来ることができなければ、この機会を永遠に失うことになります。私が国際的に活躍する研究者になるためには、この機会が必要なのです。

スペイン学生23歳:私は4月から入学を待っていました。私の夢は日本で立派な学生になることなので、この間、様々な対策を講じてきましたし、他の人との接触なども避けてきました。 ビザも取得しましたが、政府の規制により無効になってしまいました。もし日本が語学留学生のための国境を開かなければ、私は何年も待ち望んでいた素晴らしい勉強の機会を失うことになり、私のCOEも無効になってしまいます。

イタリア大学生23歳:私はすでに奨学金を2020年10月から2021年4月に延期しました。これ以上の延期は、私が戦ってきたすべてを失うことを意味します。日本に行って、EUと日本が将来どのように協力すべきかについて、他の日本人学生と展望を共有する機会を失うことになるのです。今行かないということは、私や私のような何百人もの学生にとって、日本への留学を考えなければならないということです。

デンマーク高校生19歳:日本への入国を待つためにすでに9ヶ月近くを費やしているので、もしあと3ヶ月で入国できないとしたら、おそらくこの旅行を完全にキャンセルして、デンマークの大学に入る準備を始めようと思います。そんなことはしたくありません。

ロシア大学生22歳:いくらでも待ちますよ。私は日本の教育について研究したいと思っています。他の国では無理です。最悪の場合、オリンピックが終わって1、2ヶ月後には学生を受け入れることになるのではないでしょうか。それは本当に嫌なことですね。しかし、もっと嫌なのは、もし日本が本当に、そんなに長く待てない外国人をこのように「フィルタリング」することになったら、私は自分の興味の範囲を考え直さなければならないだろうということです。ありがとうございました。

ドイツ大学卒23歳:それは私にとって大きな精神的ストレスとなります。日本ではすでに手配され、支払いも済んでいるのに、母国では身動きが取れないだけでなく、彼氏とはいつまでも離れていなければならないのです。このような状況に、言葉では言い表せないほどの落ち込みと絶望感を感じています。私は家族に頼んで学費を支援してもらい(これもすでに支払われています)、一生懸命努力して得たものです。私の学士課程は終わりました。仕事を探すことも、アパートを探すこともできません(以前住んでいたアパートは通知期間と日本に来る予定のために解約しました)。今は友人の家に滞在しています。私はとても絶望的な気持ちになっていて、本当に見通しを立てる必要があります。彼氏がいなくてとても寂しいです。私が望んでいるのは、学業を続け、パートナーにもう一度会いたいということです。そのためには何でもしたいと思っています。

ネパール高校生21歳:私たちは、コロナの期間中、すでに多くの困難に直面しています。もし、再び遅延すると、私たちの両親は、すでに学校に費用を振り込み、1年間の学習期間を失ったため、プレッシャーを受けます。

香港大学生25歳:この1ヶ月間、日本に行くための準備をしていたので、香港の日本語クラスには参加しませんでした。そのため、日本に行く前に日本語の上達が止まってしまいました。また、先月COEを取得した際に仕事を辞めています。つまり、香港では仕事も勉強もできず、時間を無駄にしていると言ってもいいでしょう。一日も早く日本に行きたいと思っています。

ドイツ大学院生27歳:修士論文の指導は、論文指導者と定期的に会って自分の研究について議論することができないため、非常に困難になります。また、オンラインで授業を受けると、夜中の2時や3時に授業を受けることになり、去年からどうしても受けたかった授業への集中力が低下します。さらに、日本語の授業を直接受けることができず、日常生活の中で日本語を使うことは、私の日本語学習の進歩を著しく妨げることになります。

中国大学院生23歳:もし、また遅れたら、私の計画は完全に変わってしまいます。日本への留学という夢を捨てなければなりません。私には、留学生に門戸が開かれるのを待ち続けるだけの貯金はありません。

米国大学生22歳:これ以上、学生に遅れが出ると、日本で働くために必要な授業を受けることができなくなるかもしれません。さらに遅れれば、日本に留学することもできなくなるかもしれません。遅くとも7月期までに授業を開始できなければ、日本への留学を完全にキャンセルしなければならないかもしれません。また、4月期に出席できなければ、学校から卒業証明書が発行されない。4月に間に合うように入学すれば、すべてがうまくいき、日本での就職も可能です。7月以降に入学する場合は、学校を完全にキャンセルしなければなりません(学費の払い戻しはほとんどありません)。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事