海外協力隊員を支えるルワンダの「お父さん」 難病の息子を助けるため元隊員が結集!!

■300人以上の協力隊員をサポート

ルワンダは、東アフリカにある人口約1300万人の国。1994年に起きた民族対立による大虐殺で閉鎖されていたJICAルワンダ事務所は、2005年に再開した。以来、日本人の職員が常駐し、コロナ禍前は40人の協力隊員が活動してきた。

ルワンダには、3カ月ごとに新しい協力隊員が派遣されてくる。彼らを現地で支えているのが、JICAルワンダ事務所の職員、イディー・ハビヤンベレさん(44)だ。2007年、当時JICA理事長だった故・緒方貞子さんがルワンダに来た時に運転手を務め、「この国はこれからどんどん成長する」と話す姿に感動した。翌年からJICAで働きはじめ、11年には協力隊員の受け入れを支える「ボランティア調整」に。協力隊員が生活に早くなじめるよう、住まい探しや配属先の調整、銀行口座の開設などをしてサポートしてきた。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事