コロナで格差悪化…日本で「教員のワクチン接種」を優先すべき理由!!

アメリカの多くの州では、学校の先生は新型コロナのワクチン接種を優先的に受けていた。教員が優先されるのは意外かもしれないが、実は世界的に見ても例外ではない。

ユネスコによれば、ドイツ・フランス・スペイン・イタリアのような欧州諸国でも教員は優先グループに入っているし、欧米に比べて封じ込めに成功しているアジアでも中国・ベトナム・カンボジアのような国々は教員を優先グループに入れている。

私は疫学が専門ではないので、感染症の観点からワクチン接種の優先順位について論じることはできないが、教育政策の観点から言えば、日本も幼児教育と初等教育の教員に対してワクチン接種の優先枠を設けても良いのではないかと考える。

今回は、なぜ米国など少なくない国が教員をワクチン接種の優先グループに入れたのか、そして日本でもなぜ幼児教育・初等教育の教員ぐらいは優先グループに入れておいても良さそうなのか、議論していきたい。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事