公立中も少人数学級に・ICT推進検討を…教育再生実行会議が提言案‼︎

政府の教育再生実行会議(座長=鎌田薫・前早大総長)が検討している第12次提言案が判明した。生徒にきめ細かな指導を行うため、公立中学校の少人数学級化の検討を求めることなどが柱だ。月内にも菅首相に提出する。

 提言案には、少人数学級を念頭に、「中学校を含め、学校の望ましい指導体制の在り方について検討することが求められる」という文言を盛り込んだ。

 今年4月に公立小学校全学年で学級人数の上限を40人から35人に引き下げる改正義務標準法が施行され、今年度から5年間かけて段階的移行が始まっている。改正法制定の段階で、公立中学校でも同様の措置が検討されたが、教員の人件費増などを理由に、上限人数が40人に据え置かれた経緯がある。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事